ポンドドルとユーロドルの「相関関係」を利用したトレード戦略とは?

ポンドドルとユーロドルの「相関関係」について

「ポンドドル」と「ユーロドル」は、互いに相関関係にある為

連動して動きやすい

 

というのが為替の常識です。

やはり、同じドル絡みの通貨ペアなので、

似たような動きになり易いのです。

 

では、同じドルストレードである

ポンドドルと、ドル円ではどうでしょうか?

 

同じドルストレードであっても、

「ポンドドル」と、「ユーロドル」では相関関係で有るのに対して、

「ドル円」と、「ポンドドル」では反対の動きをしていますね。

 

つまり、

「ポンドドル」&「ユーロドル」⇒互いに連動して動きやすい

「ドル円」「ポンドドル」⇒互いに反発して動きやすい

 

という図式が成り立ちます。

これらの関係を「相関関係」と呼びます。

 

そして、2通貨ペア以上の「相関関係」を上手く利用しながら

トレード戦略を建てることを「相関トレード」と呼びます。

相関トレードのエントリーの判断基準となるものとは?

 

トレーダーによって色んな考え方が有ると思いますが、

私の場合は、通貨ペア同時の抵抗・ブレイクのタイミングを見計らって

それぞれの通貨ペアに適したポジションを建てます。

 

 

上記のチャートパターンの場合、

ポンドドルと、ドル円が綺麗に反発していますよね?

 

つまり、

2通貨ペアが互いに反発している所が

ブレイクの始点を判断出来るのです。

 

ブレイクの始点=トレンドの始まり

と捉えることが出来るので、

この方法を知っているとかなりトレードが有利な展開になります

 

そして、FXは入るタイミングよりも

もっと大事なのが「引き際」です。

 

つまり、決済ポイントですね。

上記のチャートでは見えにくいですが、

私の場合は、

Platinum Kubera FXと、特典ツールを活用しています。

 

この特典ツールは、

抵抗を自動的にチャートに描いてくれるので

トレード戦略がスムーズに行えます。

 

 

また、エントリーの判断基準として

シグナルソフトを活用しています。

 

「Platinum Kubera」は最近愛用しているお気に入りのツールです。

本来は、単なるスキャルピングのソフトですが、

 

今回のような相関トレードにも有効です。

管理人おススメのシグナルを見てみる

 

関連のエントリー

 

FXで稼ぐ必勝法を無料で公開▼

お名前
メールアドレス