スキャルピングとデイトレの違い

FXにおいてスキャルピングとデイトレの違いをしっかりと把握して取引を行なっているでしょうか。

金融取引を行う際には、しっかりと目的を持って、

その取引の意味を把握することが重要となるのです。

 

最近では本屋でもFXにのことを書いた本やデイトレに関する書籍が数多く並んでいます。

ただ単に言い方の違いだとせずにしっかりとりかいしておきましょう。

1日にのうちに何度も取引を行うという行為だけにおいては、

どちらも同じだと言えます。

 

しかし共に手法の意味を考えてみると異なるものだと分かるでしょう。

スキャルピングでは、

1度の取引では小さな利益を狙って判断していきます。

 

しかしデイトレでは1度の取引で狙う利益は高いとされています。

1日に何度も取引を行うのであれば、

デイトレの方が割が良いと考える人も少なくないでしょう。

 

しかし一概にデイトレの方が良いとは言えないのです。

なぜならば、損失額もデイトレの方が高くなるからです。

 

すなわちデイトレの方がハイリスクハイリターンで有る場合も有ります。

元論、スキャルピングの方が取引量が多いほど

その分リスクが高くなるのです。

 

比較的長期の予想を立てて取引をしたいと考えている人には

デイトレが向いていると言えますが、

FXの初心者であれば

デイトレで必要な分析力などがまだ備わっておらず難しく感じることもあるでしょう。

 

いつまでの予想を立てて取引を行うかということで違いがありますが、

スキャルピングは予想を立てずに取引して良いというものではありません。

数秒単位や数分単位で行うこの方法であっても

予想をしっかりと立てて取引をしていく必要があるのです。

 

ただしデイトレに比べてそれほど未来の予想を立てる必要はなく、

FX初心者でも比較的取り組みやすいと言えるでしょう。

 

1日30分のスキャルピングで、毎日五万円を稼ぐ!スキャルピング手法