トレンドフォローの落とし穴とは?

 

「トレンドには逆らうな!」

という格言が相場に浸透しているので、

世の中に大半の「FX教材」や、「一般書籍」と呼ばれるものが、

トレンドフォローを推奨していますね。

 

確かに、月足や、年単位で考えれば

トレンドフォローという考え方で正しいとは思います

チャートに「トレンドライン」などを引けば、

大きなローソク足程、トレンドの方向が明確に出ている事が多いのです。

 

前回レビューした、「ぷーさん式トレード講座 光」

代表的なトレンドフォロー&ライントレード手法ですね

ぷーさん式 トレード講座 光~ひかり~の内容を曝露します!

この手法は、トレンドフォローの中では極めて王道的な手法であり、

この先長期的に活用出来る手法であることは間違い有りません。

 

但し、常にトレンドを追い続けるのは厳禁。

なぜならば、「トレンドはいつかは収まる」事が大半なので、

例え、勢い良く上昇トレンドである相場でも、必ず「失速=反転」を繰り返します。

相場の格言:「悲観の買い」、「楽観の売り」

 

「トレンドは明確なサインが現れる迄継続する」とする一方で、

「悲観の買い」「楽観の売り」という相場の格言が存在します。

 

この格言は、ダウ理論とは間逆の考え方に等しいもので、

要するに、「逆張り的な思考」もトレードには必要だと言う事です。

トレンドフォローの落とし穴その1~買いエントリー

上がりきったところで「買ってしまうこと」

 

上昇トレンドの場合、ゆっくり高値を更新していきやすく、

俗に言う「リスクオン相場」ですね。

しかし、

一度「暴落のトリガー」が発動すると

ガツンを落ちる事も少なく有りません。

 

下落相場とは、いわゆる「パニック相場」なので、

トコトン落ちる時は落ちるんです。

毎回、ロングで「トレンドフォロー」ばかり意識していると、

いつかは痛い目に遭うんです。

 

但し、「何時相場は下落しても良い」ように、

損切りラインをしっかり決めておけば、

突然の暴落でパニックに陥る可能性も軍と低くなります。

トレンドフォローの落とし穴その2:売りエントリー

トレンドの「底」で売りエントリーして失敗するパターン

※上記のチャートはこちらのソフトを使っています。

この場合は、指標発表後などに良く起こりうるパターン。

勢いよく下落し、「下長ヒゲ」を付けた所でショートエントリーしてしまい、

その後大きく戻して行くパターン。

 

このパターンは「V字回帰」などが有名で、良く有るパターンです。

「Wボトム」などや、「逆さヘッド&ショルダー」なども有名ですね。

「いつかはまた下がるだろう」、、とそのまま放って置くと、

案外、元の「最安値」まで戻らない事ってあるんですよね。

まとめ

この様に、

相場の「底」「天井」では

逆に動く可能性が高まるので、常に「反発」を意識せねばなりません。

 

特に買いエントリーの場合は、あっと言う間に価格が変動する事も多く、

それだけで含み損が一気に拡大する恐れが有ります。

万が一の時の為に、「損切り」だけはしっかり入れておきたいものですね。

相場の天井・底を明確に判断するには?

冒頭で紹介した「ぷーさん式トレンドフォロー光」では、

「基礎から学ぶ FXトレード講座」という特典動画が付属してきます▼

 

という感じの内容になり、

ライントレードの基礎を徹底的に学び、

相場の底・天井を自然に判断出来るようになります。

 

もちろん、上記は「特典レベル」なので、

本講義は更にレベルの高い内容」です。

是非、一度目を通して置いて損は無いと思います

 

FXで稼ぐ必勝法を無料で公開▼

お名前
メールアドレス