「森田真之」の仮想通貨速習プログラム検証&評価

「森田真之」の仮想通貨速習プログラム

 

今年に入ってから、仮想通貨の人気は急上昇。

世界で最も取引量の多い仮想通貨と言えば「ビットコイン」が有名ですね。

「森田真之」の仮想通貨速習プログラム

はこれから仮想通貨取引を始めようを考えている人向けの

仮想通貨入門書になります。

元みずほ証券出身、森田真之氏について

講師:森田真之

大学卒業後、みずほ証券で11年にわたり多くの顧客の資産運用を担当。
自ら資産運用をする傍ら、富裕層の資産運用形成アドバイザーとしても活躍。

その後は独立し、FX・株グローバル投資家として幅広く活動。
仮想通貨では2億5千万程の収益を上げている。

今回、「森田真之」の仮想通貨速習プログラムは、
そんな森田さんの仮想通貨で稼ぐノウハウを纏めたものになります。

こちらの動画がプログラムの全貌になります▼

 

森田さんが主に取引している仮想通貨はビットコインのようですね。
ビットコインは12月に入って230万の高値を付けました。

 

まさに、仮想通貨市場は「仮想通貨バブル」であり、
ビットコインはつい最近、シカゴ先物にも上場が決まり、
今後も期待が持てる市場で有ることは間違い有りません。

 

大手企業も仮想通貨に続々参入

 

最近では大手家電メーカーでもビットコイン決済を導入。
さらに、GMOクリック証券や、DMM.comなどのFX業者等も、
仮想通貨事業を今年から開始しています。

これまで、誰も見向きもしなかった「仮想通貨」が
一気に注目を集めているのは間違いないでしょう。

仮想通貨は、一時期230万程の高値で取引され、
現在も、200万前後の価格を推移している様です。
このような高騰は、過去の金融市場からしても異例です。

その1つの原因として考えられるのが、
既存のFX投資家が仮想通貨市場へと流れているとの事。

FXの国内レバレッジ10倍が確実となれば、
既存のFX投資家が「仮想通貨市場」へ移行する事がさらに拡大すと考えられます。

海外では、仮想通貨を「金融資産」として扱われている

投資先進国である、欧米諸国では、仮想通貨を「株」と並ぶ「金融資産」として位置付けています。
既にアメリカでは、600ドル未満の取引に関しては「非課税」としています。

さらに言えば、EU諸国でも仮想通貨取引に対して、
「消費税」の対象から外しています。

こうした動きは、今後日本でも取り入れられる可能性が高いと見ています。
※今後も仮想通貨市場へのユーザー拡大の要因にも繋がります。
いずれにせよ、
早期参入が有利
なのは間違い無いと思います。

「仮想通貨速習プログラム」では、
ビットコイン以外の「アルトコイン」の取引ノウハウなども公開

これから仮想通貨取引を始めようと考えている人や、
仮想通貨に少しでも興味のある人は、見ておいて損は無いと思います。

 

FXで稼ぐ必勝法を無料で公開▼

お名前
メールアドレス